AppSheet 研修

AppSheet を基礎から学習、市民開発の第一歩

ハンズオンで実践的に学び、未経験者でも確実にアプリを作成できるようになります。

レベルや目的に応じたカリキュラムで、市民開発者への第一歩を踏み出します。

AppSheet 研修

本研修では、サンプルアプリ作成を通して、ハンズオン形式で AppSheet の基本操作からアプリ開発の実践までを体得できます。未経験者の方でも、確実にアプリを作成できる内容となっています。

レベルや目的に合わせて複数のクラスをご用意しています。基礎からしっかり学びたい方は「初級」クラスを、特定のテーマに特化して学びたい場合は、それぞれのニーズに合わせてクラスを選択できます。

アプリスイートの AppSheet セミナーは、満足度調査にて高い評価を得ています *。

現場担当者による業務改善、業務システムの内製化、DX推進に関心がある企業の担当者様には、この研修をお試しいただき、 AppSheet のご活用をご検討ください。

* Googleオフィスで開催したセミナー「AppSheet Open Day」の満足度調査で平均4.7点(5点満点)。

AppSheet 基本コース

AppSheetの基本操作とアプリ作成手順を基礎から学習します。

未経験者や初心者は初級クラス、基礎学習を終えた経験者は中級クラスなど、レベルに合わせて選択できます。

初級クラス

概要

在庫管理アプリとタスク管理アプリを作成し、バーコードスキャン、在庫計算、写真やファイルのアップロード、カンバンボードなど、アプリの作成手順の基礎を体験できます。

時間 / 価格 / 定員

3 時間 / 13.2 万円 (税込) / 4 12 名(13名以上は要相談)

こんな方にオススメ

現場担当者は未経験の「非IT人材」だが、現場主導の業務改善やDX推進に関心があり、ノーコード開発を試してみたい。

中級クラス

概要

見積書作成アプリを作成し、アプリ設計の手順、パフォーマンス改善の工夫、AutomationによるPDF作成とメール送信、一括アクションによる複製などを学びます。

時間 / 価格 / 定員

4 時間 / 17.6 万円 (税込) / 4 12 名(13名以上は要相談)

こんな方にオススメ

基礎学習や初級クラスを修了し、現場担当者が業務改善のアイデアを独力でアプリ化できるようにしたい。

  • 法人向けサービスですので、個人でのお申し込みはお断りさせていただきます。
  • 同業者様(システム開発、 ITコンサル、AppSheetサービス提供者)からのお申し込みはお断りさせていただきます。

AppSheet テーマ別コース

特定テーマに特化しているので、ニーズに合わせてクラスを選択できます。

基本コースを修了した市民開発者や管理者が、さらに AppSheet を使いこなせるようにスキルアップします。

Google Workspace 連携

概要

問い合わせ管理アプリや経費申請アプリを作成し、ノーコードでGoogleフォーム、チャット、カレンダー、Gmailと AppSheet を連携してワークフロー自動化を体験します。

時間 / 価格 / 定員

現在、準備中

こんな方にオススメ

Google Workspace をさらに活用するために、AppSheetと連携して業務改善、効率化を推進したい

セキュリティガバナンス

概要

AppSheet を安全に運用・管理するためのセキュリティとガバナンスの機能について解説します。共有ドライブの使用、アプリ共有、セキュリティフィルター、配布等を学びます。

時間 / 価格 / 定員

現在、準備中

こんな方にオススメ

AppSheet Core ライセンスで運用している管理者で、セキュリティガバナンスの構築、運用のために、ポリシーを策定したい

  • 法人向けサービスですので、個人でのお申し込みはお断りさせていただきます。
  • 同業者様(システム開発、 ITコンサル、AppSheetサービス提供者)からのお申し込みはお断りさせていただきます。

申し込み手順について

  1. お問い合わせフォームよりお申し込み → こちら
  2. 打ち合わせ
    • ご希望コース、クラスについて内容詳細を説明
    • ご希望の日程と実施場所、受講予定人数、支払条件、著作権の帰属等について確認
  3. 弊社より、見積書兼注文書をお客様に送付
  4. お客様より、注文書返送
  5. 弊社より、研修仕様書兼注文請書を送付
  6. 実施日までに、事前準備の案内、サンプルデータを送付
  7. 研修実施
  8. 弊社より、請求書送付

研修の仕様について

お客様のご要望に合わせて、日程、開催場所を調整します。

受講人数は、4〜12名を想定していますので、13名以上になる場合はご相談ください。

開催方法は、オンライン(Google Meet使用)、オンサイト(現地)、どちらも可能です。

オンライン開催の場合は、受講者が各々のPC(特にノートPC)で画面共有すると、画面が小さくなるため、作業効率が低下します。会議室等の会場に集合して、大型モニターやスクリーンを見ながら受講することを推奨します。

過去に開催したセミナー

メニュー